地域のお店・名所のご紹介

スズ屋(奈良県橿原市)は、おいしいパン、ケーキ、カフェが楽しめる老舗菓子店!

日生ハウジングのメイン営業エリアである桜井・橿原のおすすめ店をご紹介するコンテンツの第5弾は、

橿原の老舗のパン・洋菓子店の「ベーカリー・スイーツ・カフェ スズ屋」さんです。

荒木専務
荒木専務
今回のレポートは、大学生のくるみさんにご協力いただきました。
くるみちゃん
くるみちゃん
よろしくお願いします!

 

ちなみに、アイキャッチ画像・右側の方がオーナーシェフの上田好孝さんです。

上田さん
上田さん
よろしくお願いします。

ベーカリー・スイーツ・カフェ スズ屋に行ってきた!

スズ屋 地図・アクセス

スズ屋 橿原 パン

ベーカリー・スイーツ・カフェ スズ屋の基本情報はこちら。

ベーカリー・スイーツ・カフェ スズ屋

  • 営業時間  08:30〜19:00
  • 定休日 日曜日
  • 電話 0744-27-2246
  • 住所  奈良県橿原市見瀬町2006

最寄り駅は、

  • 近鉄吉野線 岡寺駅 徒歩 5分
  • 近鉄 橿原神宮前駅 徒歩 10分

となり、駐車場も完備されています。

くるみちゃん
くるみちゃん
最寄りは岡寺駅ですが、橿原神宮前駅東改札口からも徒歩10分くらいで行けます。

大正期に創業の老舗菓子店

スズ屋 橿原 カフェ

スズ屋の創業は大正時代で、現・オーナーシェフの上田好孝さんは3代目。

お店は和菓子屋さんとしてスタートし、当時は旧吉野街道沿いにお店がありました。

上田さん
上田さん
お店の前を走っている国道169号線の開通にともなって、和37年に今の場所にお店が移転したんです。
くるみちゃん
くるみちゃん
その頃には、今のお店のようにパンとかケーキなんかも販売されるようになっていたんですか。
上田さん
上田さん
そうでうすね。

先代のときにパンとバタークリームのケーキを始めて、私が入ったときから生クリームのケーキも出すようになりました。

そう語ってくれた上田さんですが、もともとはパティシエをめざしていたわけではなかったといいます。

乳製品メーカーの社員から菓子職人に

スズ屋 橿原 ケーキ

上田さんはもともと大手乳製品メーカーで品質管理の仕事をしていました。

くるみちゃん
くるみちゃん
そこから、どうしてパティシエになられたんですか?
上田さん
上田さん
奥さんが先代の娘さんで、つまりは婿入りしたわけです。
くるみちゃん
くるみちゃん
あ、なるほど。

でも、上田さん自身はそれまでパン屋お菓子づくりはされたことがなかったんですよね?

上田さん
上田さん
そうですね。だから、まずは奈良市と桜井市の菓子店に3年弱修行に出て、洋菓子やパンづくりの基礎を学びました。

その後戻ってきて、昭和54年からお店に立っています。

先代が平成15年に亡くなり、好孝さんが3代目のオーナーとなった際に店名をスズ屋から現在の「ベーカリー・スイーツ・カフェ スズ屋」に改め、今の形態のお店がスタートしました。

スズ屋 橿原 おはぎ

そんな上田さんが若かりし頃より腕を磨き、内外から高い評価を得られているのがバタークリームの薔薇です。

バタークリームの薔薇が美しいケーキデコレーション

バタークリームで作るデコレーションの薔薇。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、昔はデコレーションケーキの定番として、職人にとっては必須の技術でした。

上田さん
上田さん
昔はこれができるようになって一人前といわれて、コンテストでもその技能が問われていたんですよ。
くるみちゃん
くるみちゃん
スズ屋さんでは、今もバタークリームの薔薇をのせたケーキは販売されているんですか?
上田さん
上田さん
はい、予約のみの販売になりますが、お誕生日などの記念日用にオーダーされたデコレーションケーキに使っています。

実物は、こんな感じのものですね。

スズ屋 橿原 ケーキ
くるみちゃん
くるみちゃん
きれいですね~!

このバタークリームのデコレーションをはじめ、その技術と後進の育成への貢献が高く評価され、上田さんは、

  • 現代の名工(卓越した技能者)
  • ものづくりマイスター
  • 27年秋「黄綬褒章」受章

などに認定・受賞されています。

スズ屋 上田 職人
上田さん
上田さん
これが黄綬褒章を受けたときの盾です。
くるみちゃん
くるみちゃん
授与されたときは、職人としてやっぱりうれしかったですか?
上田さん
上田さん
もちろん、うれしかったんですけど、より一層精進して、変なものは出せないというか、いただいたことで職人としての責任をより強く感じるようになりました。
くるみちゃん
くるみちゃん
なるほど。

ちなみに、バタークリームの薔薇の細工は最近あまり見かけなくなっているとのことですが、「教えてください!」って訪問を受けることはないんですか?

上田さん
上田さん
ありますよ。こないだもちょうど名古屋から一人来られてましたね。

請われるとうれしいものですし、求められればいつでもお伝えはしています。

昔ながらのパンが魅力。店内にはカフェスペースも

スズ屋 橿原 ケーキ

和菓子店としてスタートしたスズ屋が、二代目のときに取り組みだしたのがパンの製造です。

上田さん
上田さん
店内で販売しているパンは、アンパンをはじめ、昔ながらのシンプルなパンを楽しめるのが特色ですかね。
くるみちゃん
くるみちゃん
たしかに、パッケージもちょっとレトロちっくなのがあったりして、なつかしい感じですね。
スズ屋 橿原 パン屋

また、店内にはカフェコーナーが設けられ、購入したパンやケーキとともにお茶を楽しむことも可能です。

カウンターも入れると20席以上あり、ゆっくりとくつろぐことができます。

スズ屋 橿原 カフェスズ屋 橿原 カフェ

店内は常連さんを中心に、とても落ち着いた雰囲気。

また、「何十年ぶりに来ました!」といったお客さんも少なくないようで、これも老舗ならではですね。

(たまたま取材中に来られたお客さんの中にも、数十年ぶりです!とお声かけされていた方がいました)

くるみちゃん
くるみちゃん
ちなみに、毎月12日は「パンの日」だそうで、10%OFFで購入できるそうですよ。
スズ屋 橿原 カフェ

8:30~11:00の時間帯にモーニングサービスもやっており、

  • パン(ホットドッグ、サンドイッチも可)
  • サラダ
  • ゆで卵
  • 飲み物
  • 小さなケーキ

これだけついてお値段は500円~570円!

くるみちゃん
くるみちゃん
めちゃ、安いですね!
上田さん
上田さん
ぜひ、ご利用ください。

「スズ屋のパン」は地域の学校給食にも

スズ屋 橿原 パン屋

ちなみに、先ほど上田さんが「店内で販売しているパン」といったのにはワケがあって、実はスズ屋さん、パンの卸業務も手がけられています。

納入先は、

  • 学校給食
  • レストラン
  • 道の駅
  • 幼稚園

といった感じで、学校給食は昭和30年代から続けられており、この地域の子どもたちは「スズ屋のパンを食べて育った」というわけですね。

上田さん
上田さん
少子化で昔に比べると子どもの数は減りましたが、それでも3つの中学校で1,500人以上のパンを納品させていただいています。
くるみちゃん
くるみちゃん
ということは、それだけの数をまかなえる製造ラインがあるってことですよね。
上田さん
上田さん
はい。店の裏側にあるので、ちょっと行ってみましょうか。
スズ屋 橿原 パン屋
くるみちゃん
くるみちゃん
この右側のは何をする機械なんですか?
上田さん
上田さん
丸め機ですね。隣に分割機があって、ここに練った生地を入れたら、自動で分割して丸めてくれる感じで。
くるみちゃん
くるみちゃん
なるほど。

先ほど、今は少子化だからってお話がありましたが、昔はすごい数だったんじゃないんですか。

上田さん
上田さん
それは大変でしたよ。

とくに昭和60年くらいまでは子どもの数も多かったし、本当に今とぜんぜん違いましたね。

スズ屋 橿原 パン屋
くるみちゃん
くるみちゃん
パンを作られるスタッフの方はまた別にいらっしゃるんですか。
上田さん
上田さん
そうですね。早朝に出勤してもらっていて、ケーキ・焼き菓子の職人とは別です。

僕はオールマイティーに、なんでもやりますけどね。

くるみちゃん
くるみちゃん
めちゃ、パワフルですね(笑)

スズ屋さんのケーキを実食!

スズ屋 橿原 ケーキ

お店の由来やパンのご紹介が続き、出てくるのが遅くなってしまいましたが、お待ちかねのケーキです。

くるみちゃん
くるみちゃん
楽しみにしてました!

というわけで、くるみちゃんに食べたいケーキを選んでもらいました。

スズ屋 橿原 ケーキスズ屋 橿原 ケーキ
くるみちゃん
くるみちゃん
なかなか目移りしますね~。

という彼女が選んだのがこちら、

木苺のケーキ(390円・税込)とアイスココア。

スズ屋 橿原 ケーキ
くるみちゃん
くるみちゃん
イチゴが好きなんですよ。

見た目もかわいらしかったのでこれにしました♪

ケーキを手がけられているシェフに一言いただきました。

國分シェフ
國分シェフ
バニラとフランボワール(木苺)のムースに、アーモンドの粉を入れた生地で構成された「オーソドックスな木苺のケーキ」です。

旬の時期には、上のイチゴは地元の「あすかルビー」を用いるとのこと。

それでは、実食です!

スズ屋 橿原 ケーキ
くるみちゃん
くるみちゃん
おいしいです!

イチゴ好きな私には、ピッタリな味でした!!

洋菓子職人として後進の指導にも力を入れる

スズ屋 パティシエ バターケーキ

現在スズ屋のケーキと焼き菓子を手掛けるのが、先ほど一言コメントをいただいた、こちらの國分利夢(こくぶ りむ)さん。

洋菓子を学ぶためフランスに留学し、その関係で昨年(2018)の秋に専門学校を卒業。

冬からアルバイトとして働き出し、今年(2019)の4月から正社員として勤務されています。

上田さん
上田さん
一定以上のレベルであることは最低条件ですが、基本的にケーキなどは若い人に一任しています

アドバイスが必要なときや、求められれば助言はしますが、自分で考えないと職人は成長しませんからね。

スズ屋 パティシエ バターケーキ

実際、これまでに多くのスタッフがスズ屋で修業し、独立していきました。

3代目の好孝さんが、これまでにスズ屋で指導した職人だけでも10名近くいるといいます。

上田さん
上田さん
自分が指導した弟子たちが、いろいろな場所で活躍してくれているのはやっぱりうれしいですね

お店だけではなく、専門学校で先生になっている子もいますし、そうした後進の指導には今後も力を入れていければと思います。

くるみちゃん
くるみちゃん
そういう意味では、若いパティシエの方々へのメッセージとして、自分を確立するには何が大切だと言えるでしょうか。
上田さん
上田さん
いつも言っているのは、プライドを捨てなさいということ

良し悪しは周りの人が決めるので、自分で「できた!」と頭でっかちにならず、聞く耳を持つことが大切です。

くるみちゃん
くるみちゃん
素直さが大切だと。
上田さん
上田さん
そうですね当たり前のことが当たり前にできるようになって一人前。

逆に言うと、半人前のときはそれができていないので、謙虚になって努力し続けることが大切だと思います。

創業時から受け継がれるスズ屋のおはぎ

スズ屋 橿原 洋菓子

ケーキ、パンとご紹介してきましたが、焼き菓子のラインナップも充実!

もちろん、焼き菓子も手作りで、安心安全でおいしいものが並びます。

スズ屋 橿原 洋菓子スズ屋 橿原 洋菓子
くるみちゃん
くるみちゃん
ちなみに、創業時のスズ屋さんは和菓子屋さんだったということですが、和菓子は今もやられているんですか?
上田さん
上田さん
はい。数は少なくなっていますが、今もやらせていただいています。

お土産や贈答品としても、ご好評いただいているんですよ。

スズ屋 橿原 和菓子

上田さん
上田さん
あとは、おはぎですね

このあたりで「スズ屋のおはぎ」といえば、それなりに知られている感じでして。

くるみちゃん
くるみちゃん
創業から続く味なんですね!
上田さん
上田さん
昔は通年でやっていたんですけど、今はそこまで手が回らないので、春と秋のお彼岸のときだけ販売しています。

スズ屋 橿原 おはぎ▲「スズ屋のおはぎ」のパッケージ。

くるみちゃん
くるみちゃん
じゃ、お彼岸になれば、昔からの馴染みのお客さんが買いに来られる感じですか?
上田さん
上田さん
そうですね。

近隣の方々はもとより、吉野からのお客さんや中には県外から毎年来ていただいている方もいます。

くるみちゃん
くるみちゃん
県外からも!? 
上田さん
上田さん
とてもありがたいことです

ただ、そんな感じなので、お彼岸の時期は毎年大忙しになっちゃうんですけどね(笑)

橿原市にあるケーキ屋「ネイロ」と「スズ屋」の関係

ネイロ ケーキ屋 桜井

以前、こちらのブログでも取り上げたことのある橿原市にある人気のケーキ屋さん、Neiro(パティスリー・ネイロ)

ネイロ 橿原市 ケーキ屋
橿原・桜井の人気のケーキ屋さんNeiro(パティスリー・ネイロ)に行ってきた!日生ハウジングのメイン営業エリアである桜井・橿原のおすすめ店をご紹介するコンテンツの第4弾は、 橿原で大人気のケーキ屋さんNeir...

上の記事でも少し書いていますが、ネイロのオーナーシェフである上田嘉規さんは、スズ屋の上田好孝さん息子さんなんです。

上田さん
上田さん
私が息子が菓子職人になる際に伝えたんですよ

もし店をやりたいんだったら、スズ屋にこだわらず、外で自分のやりたいようにやりなさいって。

くるみちゃん
くるみちゃん
お店を継いでもらいたいとかはなかったんですか?
上田さん
上田さん
もちろん、ありましたよ

けど、ちょっと事情がいろいろとありまして…。

スズ屋のある橿原市大軽町には、丸山古墳があります。

(橿原市見瀬町・五条野町にもまたがっており、奈良県では最大、全国では第6位の規模の巨大古墳)

スズ屋のある場所もその領内で、建物の増築などが自由にできないなどの制約があるそうです。

くるみちゃん
くるみちゃん
それもあって、自由にやりたいんだったら外でお店をやっていいよと助言されたんですね。
上田さん
上田さん
はい。まあ、新たにお店を一から作るのは大きなリスクがありますが、最悪ダメだったら「戻ってきて、うちを継いでくれたらいいし」くらいに思っていました。
くるみちゃん
くるみちゃん
今や大人気店になっていますね!

いずれにしても、ご自身と同じ道に進まれたのはうれしかったですか?

上田さん
上田さん
そりゃ、もう、うれしいですよ

ネイロ ケーキ屋 桜井▲ネイロのオーナーシェフである上田嘉規さん

前回、ネイロを取材した際に、息子の上田嘉規さんに実家であるスズ屋のことを伺うと、

上田嘉規さん
上田嘉規さん
3代続いているお店ですし、スズ屋も継続していけるよう、最善策を考えていければと思っています。

とのことでした。

その想いは親子で共有されているようで、

上田さん
上田さん
これまでの私の弟子か、息子の下で働いていくれてる若い人で、「いいよ」って職人さんがいれば、その人にスズ屋を継いでもらうのがいいかなと考えているんですけどね。
くるみちゃん
くるみちゃん
昔からのファンも多いスズ屋さんですし、その人たちのためにも、ぜひ続けていってください!

まとめ

スズ屋 パティシエ バターケーキ

橿原市にある老舗の菓子店、「ベーカリー・スイーツ・カフェ スズ屋」さんをご紹介しました。

  • 日常使いのカフェ、パン屋さん
  • お彼岸のおはぎ
  • 記念日のデコレーションケーキ

そして、地域の方にとっては「給食のパン」としてもおなじみのスズ屋さん。

「まだ行ったことがない」という方も、ぜひ一度足を運んでみてください!

荒木専務
荒木専務
日生ハウジングのブログでは、みなさんが普段ご利用されている地域(桜井市・橿原市近郊)の人気店や取り上げてほしいお店を募集しています。

ここに取材に行ってきて!というお店などがございましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。

日生ハウジングお問い合わせ先
  • フリーダイヤル 0120-46-3362
  • メールでのお問い合わせはコチラ
ABOUT ME
日生ハウジング(荒木)
日生ハウジング(荒木)
こんにちは、日生ハウジングの荒木です! 家づくりや分譲地の情報はもちろん、桜井や橿原のお店のことなど、地域のお役立ち情報なども発信していきます。

「地域に根ざした企業」として、桜井市・橿原市を中心に、これまでに数多くの注文住宅を手がけさせていただいてきました。

分譲地探しから家づくり全般のことまで、どんなことでも気軽にご相談ください。

≫お問い合わせはコチラから

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です