住まいのノウハウ

樹脂サッシ(窓)のメリット、デメリット。アルミサッシとの違いについて

樹脂サッシ(窓) メリット デメリット

最近の住宅は「高気密・高断熱の家」が基本になっています。

荒木専務
荒木専務
その高気密・高断熱を実現しているポイントはいくつかありますが、断熱材とともに大きな要因として挙げられるの「窓」なんです。

具体的には樹脂サッシ(樹脂窓)になるわけですが、よく比較されるアルミサッシとの違いについての解説をはじめ、この記事では、

といったことについてご紹介します!

樹脂窓 YKKAP APW430
詳細につきましては、こちらをチェックしてみてください!

樹脂サッシ(樹脂窓)とは

樹脂サッシのルーツはドイツ。寒さの厳しい環境下でも省エネで快適な住環境をつくるために開発したのが始まりです。断熱性・気密性に優れた樹脂サッシはその後、北欧や北米に広がり、最近では韓国や中国でも普及が急速に進んでいる建材です。日本では、北海道での普及率が約90%となっています。

樹脂はプラスチックのひとつで、腐食しにくい、加工しやすい、経済的、メンテナンスに手間がかからないといった特徴があり、私たちの暮らしの中のいろいろな物の素材として使われています。

出典:樹脂サッシ工業会

冬の厳しい寒さを防ぐため、省エネで快適な住環境をつくるために開発されたのが樹脂サッシ始まり。

窓やドアといった開口部の断熱基準を厳しく法制化している先進国の国々で、普及・利用が進んでいます。

荒木専務
荒木専務
現状、日本全体の普及率はまだ2割ほどですが、弊社の注文住宅では標準プランで樹脂サッシを採用。

北海道の住宅並みの気密性、断熱性を誇る家を実現しています。

樹脂サッシ・窓のメリット

樹脂サッシ 窓 メリット

一昔前は単板ガラスのアルミサッシが主流でした。

では、そのアルミサッシと比べて樹脂サッシにはどのようなメリットがあるのか、材質や構造の特徴から見ていきましょう!

樹脂サッシ・窓は断熱性が高い!

樹脂サッシ 高断熱 窓

樹脂サッシの一番の特長は、とにかく断熱性が高いことです。

アルミサッシに比べると、樹脂サッシは約1,000倍、熱を通しにくいといわれています。

荒木専務
荒木専務
夏場は熱い外気をシャットアウトし、冬場は室内の暖められた空気を外に逃がしにくくします。

これが高気密・高断熱を実現するわけですね。

実際に、室内温度が、

  • 夏場は2℃低く
  • 冬場は4℃高くなる

という実験結果も報告されています。

これにより通常よりも冷暖房も抑えられ、結果的に光熱費を削減することにもつながります。

樹脂窓 断熱性 メリット

ちなみに、一般的には南面の一番日当たりの良い場所に大きな掃き出し窓を設置します。

そうすることで、冬場に「より暖かい部屋」が実現できるわけですが、

一方で、夏場は「暑くなり過ぎないの?」という心配もあるかと思います。

その対策として、

  1. 紫外線をカットするLow-Eペアガラスの採用
  2. 軒や庇で夏場の日差しを防ぐ

といったことが挙げられます。

①に関しては後述しますので、ここでは②の「軒や庇で夏場の日差しを防ぐ」ということについて詳しく解説いたします。

軒や庇で夏場の日差しを防ぐ

小学校の理科で習ったと思いますが、夏と冬では太陽の高度が違います。

例えば、

  • 夏至 78.4度
  • 冬至 31.6度

となり、季節によって倍以上太陽の高さが違ってきます。

この高度の違いに合わせて庇や軒を設置し、

夏場の高度の高い日差しは防ぐけど、冬場の太陽光は入り込んでくる

という状態を作り出すわけですね。

ただし、隣家や周囲の建物などとの関係もありますので、必ずしも100%の状態で設置できない可能性もありますが、

上記のようなことを加味して庇・軒を設置することで、より「冬暖かく、夏涼しい家」を実現できます。

荒木専務
荒木専務
このように、太陽の光と熱といった自然のエネルギーを建物のしつらえによって利用する設計技術のことをパッシブデザインといいます

弊社でも近年推進している考えで、詳細につきましては個別にご質問、ご相談いただけますと幸いです。

結露が発生しにくい!

樹脂サッシ 結露 窓

結露(けつろ)とは

固体状態における物質の表面、または内部で、空気中の水蒸気が凝縮する現象のことである。

例:温度20℃・湿度50%の室内における露点温度は、9.6℃であり、壁や窓などの表面が、9.6℃以下の場所で結露が発生する。

出典:wikipedia

簡単にいうと、結露は室内外の温度差が要因となって発生します。

断熱性の高い樹脂サッシを用い、その温度差を少なくすることで、結露の発生を抑えられるわけです。

ちなみに、

  • 冬は窓から熱の52%が逃げていき
  • 夏は74%もの熱が入ってきます

※出典:YKKAP「樹脂窓のチカラ」

これにより、室外と室内の温度差が大きくなり、 結露ができるわけですね。

また、結露=冬のイメージがあるかもしれませんが、水蒸気の量が多くなる梅雨の時期も気をつけなければいけません

荒木専務
荒木専務
水蒸気を多く含んだ空気が屋内に入り込み、天井裏などの気温の低い部分に触れると結露が発生します

また、結露は単に水滴をつけるだけではなく、日常的に結露の状態が続くとカビやダニが発生させる要因にもなるんです。

カビやダニは木材を腐敗させるほか、シックハウス症候群などの病気の原因にも。

これが家が腐ってしまう大きな要因が「結露」といわれている理由です。

その結露を発生しにくくさせられるのも、樹脂サッシの大きなメリットといえるでしょう。

樹脂サッシ(窓)はデザインが豊富!

樹脂サッシ メリット 窓

アルミに比べ、樹脂は加工や着色がしやすく、幅広いデザインに対応できるのも魅力のひとつです。

例えば、

  • 引き違い窓のような一般的な窓
  • 片上げ下げ窓
  • FIX窓
  • すべり出し窓
  • 外開き窓
  • ツーアクション窓

といったものをはじめ、和洋どちらの住宅にも合う、幅広いぜデザインが可能となっています。

高気密・高断熱という機能面はもちろんですが、デザイン的にも優れているのはうれしいですよね。

樹脂サッシ(窓)は防音にも効果的!

樹脂サッシ 高気密 高断熱

樹脂サッシは気密性に優れ、断熱に効果が高いとご紹介しました。

そして、その効果は熱の流出・流入だけではなく、防音にも役立ちます。

荒木専務
荒木専務
外からの騒音や家の中の音が外に漏れ出るのを防いでくれるわけです

その防音性の高さも樹脂サッシの魅力といっていいでしょう。

また、樹脂サッシにはペアガラス(複層ガラス)やトリプルガラス(三層複層)を採用している商品が多く(後述)、この分厚いガラスの構造がさらに遮音性を高めます。

樹脂サッシ(窓) 遮音性 断熱性
樹脂サッシ(窓)の防音・遮音性について。快適な生活に望ましい音環境を実現!高断熱の高性能な住宅に欠かせない樹脂サッシ(窓)。 それだけではなく、防音・遮音性についても高い効果が期待できるんです! 音環境に...

樹脂サッシのデメリット

樹脂サッシ 窓 デメリット

樹脂サッシは機能面もデザイン性も高く、いいことばかりのように思いますが、デメリットがまったくないわけではありません。

というわけで、樹脂サッシのデメリットについて見ていきましょう。

樹脂サッシは劣化しやすい?

樹脂サッシ 劣化 デメリット

一般的によく耳するのが、樹脂窓の耐久性についての心配です。

荒木専務
荒木専務
ただ、これはアルミサッシに比べると樹脂サッシは紫外線に弱いということで、すぐに劣化が始まるというわけではありません。

実際、窓の先進国ドイツでは昔から樹脂窓が普及しており、日本でも北海道は古くから樹脂窓を採用され、長く使われています。

アルミサッシと比べて耐久度に関して特段心配する必要はないでしょう。

樹脂サッシは重い

樹脂サッシ 重い デメリット

樹脂サッシはアルミに比べて強度が高くありません。

そのため厚みを出すことで強度を高めるわけですが、結果として重量が増えることになります。

荒木専務
荒木専務
体感的には、アルミサッシやアルミと樹脂の複合サッシと比較して、1.5倍近くの重さを感じるほど重厚感があります

ただ、近年ではフレームを薄くした商品などもリリースされ、少しずつですがデメリットも解消されつつあります。

樹脂サッシは価格が高い

樹脂サッシ 高い 価格

高性能の樹脂サッシは、アルミサッシと比べると確かに割高です。

ただ、一昔前に比べて樹脂サッシが一般的になってきており、少しずつですが手を出しやすい価格になってきています。

アルミサッシの価格を1とした場合、

  • 樹脂とアルミの「複合サッシ」=約1.25倍
  • オール樹脂=約1.5倍

くらい費用がかかるイメージでしょうか。

(メーカー、商品などによって数字は変わります)

荒木専務
荒木専務
ですので、以前に比べると特段に高くはありませんし、性能を考えるとむしろコスパがいいとも言えます。

ちなみに、弊社では樹脂サッシが標準仕様となっておりますので、家にいくつ窓を付けても価格は変わりません

樹脂サッシ + 複層ガラスでさらに断熱性を高める!

樹脂サッシ 窓 価格

ご存知の通り、窓は枠とガラスで構成されています。

外枠をアルミから樹脂に、中のガラスも、

  1. シングルガラス(単板ガラス)
  2. ペアガラス(複層ガラス)
  3. トリプルガラス(複層ガラス)

とグレードをアップさせることで、より断熱性などの性能が高まります。

一昔前の住宅はシングルガラス(単板ガラス)が一般的で、現在では複層ガラスが主流となっています。

単板ガラスは1枚のガラスなので、ダイレクトに外の熱さ・寒さを内側に伝えてしまい、

  • 夏場は窓の近くがとても暑い
  • 冬場は窓の近くがとて寒く、結露が発生しやすい

というデメリットがありました。

荒木専務
荒木専務
一方、複層ガラスはガラスとガラスの間に空気層(乾燥空気、またはアルゴンガス)が入っていて、屋外の熱がダイレクトに住宅の中に影響しない作りになっています
  • 複層ガラスの中にある空気層は、6mmと12mmがある
  • 12mm以上の厚みがあっても12mmと断熱効果は変わらない

また、空気層の厚みが6mm以上あるものをペアガラス(複層ガラス)と呼びます。

似たようなもので「合わせガラス」がありますが、合わせガラスには空気層はなく、似て非なる者ですのでご注意ください。

(合わせガラスはガラス同士の間にフィルムを挟み込んでいます)

そして、複層ガラスの中でも特にLow-Eガラスは、ガラスの間にアルゴンガスやクリプトンガスを封入してより断熱性能を上げています。

荒木専務
荒木専務
弊社では、Low-Eペアガラスのアルゴンガス入りまでが標準仕様となっています

では、具体的にどのような性能があるのか、Low-Eペアガラスの特徴についてご紹介します!

Low-Eペアガラスとは?

樹脂サッシ Low-Eガラス 窓画像出典:YKKAP

Low-Eという名前は、

  • Low(低い)
  • Emissivity (放射率)

という2つの単語(意味)に由来しています。

Low-Eペアガラスは、複層ガラスの内側どちらかの面が金属コーティングされており、より日差しを遮断し、熱を通さない仕様になっています。

  • コーティングされる側が室内側=遮熱タイプのLow-eペアガラス
  • コーティングされる側が室外側=断熱タイプのLow-eペアガラス

という感じになります。

荒木専務
荒木専務
基本的に通常のペアガラスに比べて遮熱・断熱性能は高く、どちらのタイプも夏は涼しく、冬は暖かいというのが基本です。

ですので、より機能に特化した商品がタイプ別に販売されているイメージですね

例えば、

「西日が強い部屋なので遮熱タイプのLow-Eペアガラスを入れよう」

「冬はより暖かい方がいいので断熱タイプにしよう」

といった感じで、好みやご自宅の特性にあわせてタイプを選ぶ感じになります。

Low-Eペアガラスは紫外線に強く、劣化しにくい!

樹脂サッシ Low-Eガラス 紫外線カット画像出典:YKKAP

遮熱タイプのLow-Eペアガラスの場合、室内に入り込む太陽の日射熱を50%以上カット。

夏は涼しく、冬は暖房熱を外へ逃がしません。

また、紫外線を76%カット※1し、太陽光による窓枠の変色に強いのも特色です。

※1 数値は、ガラス3ミリ+中空層12+ガラス3ミリの場合です。 ※実使用による劣化と試験結果には、紫外線の照射環境・生活習慣などにより差が生じますのでご了承ください。 [試験条件]試験木材:ヒノキ試験装置:メタルウェザー照射光強度: 76mW/c㎡ 照射時間: 72h(10年相当)

出典:YKKAP

樹脂サッシ Low-Eガラス 紫外線カット画像出典:YKKAP

上の画像を見ると、Low-E複層ガラスの太陽光による焼けのダメージが少ないのが一目瞭然でしょう。

荒木専務
荒木専務
窓枠だけに限らず、室内の家具やカーペットの退色も抑えてくれるので、その点も魅力です。

アルゴンガス入りのLow-Eペアガラスで断熱性アップ!

樹脂サッシ Low-Eガラス アルゴンガス画像出典:YKKAP

通常のLow-Eペアガラスでも高性能ですが、ガラスの中にアルゴンガスが入ったモデルは、さらに断熱性がアップします。

アルゴンガスとは

空気中に約1%存在する毒性のない不燃性の不活性ガスで、電球や蛍光灯の中にも使用されています。熱を伝えにくく空気よりも比重が重い特性があるため、複層ガラスの中空層で対流を抑えて断熱効果を高めます。

出典:YKKAP

アルゴンガス入りのLow-Eペアガラスのデメリット

IHクッキングヒーター パナソニック メリット

アルゴンガス入りのLow-Eペアガラスが高断熱で遮熱性も高いことがわかりましたが、デメリットについても見ておきましょう。

端的にいうと、アルゴンガス入りのLow-Eペアガラスのデメリットは以下の2点です。

アルゴンガス入りのLow-Eペアガラスのデメリット
  • ガラスに少し色がつく(透明度が低くなる)
  • 通常のペアガラスより価格が高い

値段は一概にはいえませんが、おおよそガスなしの一般的なペアガラスの1.5倍。

ただ、そのぶん断熱性能は上がりますので、コスパが悪くなるというわけではありません。

 

色についてはメーカーによっても違いがあるので、ショールームなどで確かめていただくのがおススメです。

アルゴンガス ペアガラス デメリット画像出典:YKK AP

例えば、上の画像は弊社が採用しているYKK APのものですが、「反射」「透過」どちらのカラーも著しくガラスの透明度が失われるわけではありません。

あとは好みの問題になると思いますので、上述しましたようにショールームなどで実際の商品を見てみるがいいでしょう。

荒木専務
荒木専務
一般的なガラスと比較すると色が入ってるなと思いますが、そこまで気になるレベルではありませんので、

特別こだわりがある方など以外は、特にデザイン性や視認性については問題ないと思います。

YKK APのガス入りAPW430を標準装備

樹脂窓 YKKAP APW430画像出典:YKKAP

Low-Eペアガラスのメーカーもいろいろありますが、代表的なのが、

  • エクセルシャノン「シャノンウインドシリーズ」
  • LIXIL(リクシル)「エルスターX」
  • YKK AP(ワイケーケーエーピー)「APW 330」

といった各メーカーの商品です。

荒木専務
荒木専務
弊社では、今年(2020年9月)よりAPW330の上位モデルであるAPW430を標準仕様に。

これは奈良県の工務店、ハウスメーカーとしては初のことです。

YKK AP「APW430」の詳細については下の記事で詳しく解説しています。

樹脂窓 奈良 工務店
奈良県の工務店・ハウスメーカーで初!トリプルガラス樹脂窓(YKKAP APW430)を標準仕様に 弊社では、これまで注文住宅のプランとして3つの価格帯を設けていました。 それをこのたび見直し、2020年9月1日より、 Loyal...

YKK AP社は、数多くの窓・ドアなどの建材を手がけてきた大手メーカーで、複層ガラスの分野では特に人気が高いブランドです。

同社の「APW」シリーズは、2011年度にグッドデザイン賞を受賞

スタイリッシュなデザインに定評があります。

樹脂サッシの「高性能な窓」は健康にも経済的にもやさしい!?

樹脂サッシ ペアガラス 複層ガラス

樹脂サッシと高性能な窓によって遮熱・断熱性能を向上させ、気密性の高い家を実現することができます。

ただ、日々の暮らしを快適にするだけではなく、「健康面の安心」や経済的にも大きなメリットがあるので紹介しておきます。

ヒートショックの軽減への効果も!?

樹脂サッシ ヒートショック 窓

高齢者の方がお風呂場などで心筋梗塞になり、お亡くなりになるというニュースが冬場になるとよく耳にします。

みなさんも、冬場に暖かい部屋から浴室やトイレに移動したときに、寒さで身震いした経験があるのではないでしょか。

これをヒートショック現象といいます。

ヒートショックとは?

家の中で温度差の大きな場所へ移動した際、血圧が急激に変動することで、失神、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす現象です。

出典:YKK AP

実際に、毎年ヒートショックで多くの方がお亡くなりになり、

2011年のデータではヒートショックに関連した入浴中急死をした人は全国で約17,000人と推計され、この数字は実に交通事故でによる死者数の3.7倍に当たります。

※上記データ出典:地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所(東京都老人総合研究所)「冬場の住居内の温度管理と健康について」(2013年12月)掲載の2011年の死亡者数

樹脂サッシ ヒートショック 温度差画像出典:YKK AP

荒木専務
荒木専務
簡単に言うと急激な温度差がヒートショックの要因になるわけですが、実際に冬場の暖房の入った部屋とお風呂場などでは、10度前後温度差が出ることがあります

対策のひとつとして部屋の寒暖差を少なくすることが挙げられ、その際に効果的なのが断熱性の高い「窓」ということになります。

実際、窓やドアなどの開閉部から多くの熱が出入りし、とくに冬場は52%もの熱が逃げてしまうわけですが、それを軽減するのが断熱性に優れた樹脂サッシ+二重窓(Low-E複層ガラス)というわけです。

省エネ住宅の補助金・減税にも適応

樹脂サッシ 高断熱 補助金

高気密・高断熱をはじめとする省エネ住宅は、「地球環境にやさしい家」として、各種補助金を受けることができます。

代表的なものに、以下のような制度があります。

すまい給付金 http://sumai-kyufu.jp/
地域型住宅グリーン化事業 http://chiiki-grn.jp/
ゼロエネ住宅補助金 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業 https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.html
荒木専務
荒木専務
窓だけに限らず、断熱材などもこだり、弊社の家はZEHも含む認定長期優良住宅なので、各種補助金にも対応しています。

詳しい要件などに関しましては、個別にお問い合わせいただければ幸いです。

また、断熱性が高いのでエアコンもより効率よく使用することができ、結果的に光熱費の削減にもつながります。

まとめ

この記事では、樹脂サッシと複層ガラスによる「高性能な窓」について解説しました。

最大のメリットは

  • 断熱性が高く、冬暖かく、夏涼しい快適な空間を実現する。
  • また、それにより結露を防ぐ=カビ・ダニの発生を抑える。
  • 結果的に、家の老朽化を遅らせる。

この3点です。

荒木専務
荒木専務
実際に一昔の住宅に比べ、高気密・高断熱の住宅は家の中の快適性が格段に上がっています

その大きな要因がやっぱり「窓」になります。これから住まいを検討されている方は窓にポイントを置いて住まい探しをされてみてはいかがでしょうか

日生ハウジングお問い合わせ先
  • フリーダイヤル 0120-46-3362
  • メールでのお問い合わせはコチラ
ABOUT ME
日生ハウジング(荒木)
日生ハウジング(荒木)
こんにちは、日生ハウジングの荒木です! 家づくりや分譲地の情報はもちろん、桜井や橿原のお店のことなど、地域のお役立ち情報なども発信していきます。

「地域に根ざした企業」として、桜井市・橿原市を中心に、これまでに数多くの注文住宅を手がけさせていただいてきました。

分譲地探しから家づくり全般のことまで、どんなことでも気軽にご相談ください。

≫お問い合わせはコチラから

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です