広報スタッフ便り

【広報便り】室内でワンちゃんを飼うときに気を付けたい滑らない床対策!

広報・塩谷

こんにちは、日生ハウジング広報担当の塩谷です。

小鉄シリーズ第2弾です👏

今回はワンちゃんの滑らないための床対策について書いていきたいと思います。

フローリングの床で滑っているワンちゃんをよく見かけますよね。

そこで今私がしていることやこれからこうしていきたいと思っている事など滑らない床対策3つご紹介します。

今私がやっているのはこれ!ペットの為のフロアコーティング

ワンちゃんを飼っている方一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。家の中で元気に走る愛犬がフローリングの上で滑って転んでしまう姿を。

フローリングが愛犬に与える悪影響
  • 踏ん張ることが出来ず思うように動けない
  • 足が滑って体制を崩す
  • ジャンプしたとき着地に失敗する
  • 余計な力が関節や足に伝わり筋肉や関節を痛める

ワンちゃんは肉球の間から毛が生えてきたり、爪が伸びてきたりすることでどうしてもフローリングの床は滑ってしまいます。もちろんフローリングにも爪のキズがいっぱいついたりします。

フロアコーティングといっても色々な種類があるみたいですが、私はペット用のフロアコーティングというものを選びました。

ペット用のフロアコーティングのメリットとして

  • とにかく滑りにくい
  • おしっこをしてもシミになりにくい
  • フローリングにキズがつきにくい
  • 耐久性能は半永久的

といったことが挙げられます。

滑って転ぶこともほとんどないしなんといっても掃除が本当に楽なんです。おしっこを失敗しても雑巾でさっと拭くだけで完了です。爪でできる小キズなんかもほとんどつきません。

広報・塩谷

小鉄がノーストレスでフローリングを走っている姿を見れば、やってよかったなと思います。

どんなお部屋にも使える!クッションフロア

私も和室に採用している「クッションフロア」。トイレや洗面室などでよく使われているかもしれないですね。

クッションフロアの特長は以下の4点。

  • コスパがいい
  • ホームセンターなどで購入可能
  • どんなお部屋でも使用できる
  • 防水、はっ水機能
広報・塩谷

私も近くのホームセンターで購入したものを使っています。いろいろな模様があって選ぶのも楽しいです。

ホームセンターにもよりますが希望のサイズにぴったりカットしてくれるのでどんな部屋にも敷くことができます。

なんといっても一番の魅力は防水、はっ水機能。例えば、おしっこをカーペットに失敗してしまうとシミが残ってしまいますが、クッションフロアは表面がビニールなのでサッと拭き取ればシミになりません。

つまり、染み込まないということです。

広報・塩谷

子犬の間はおしっこの失敗はつきものですが、すぐに拭き取るよう心掛けることで綺麗な状態を保てますね。

見た目もかっこいい!フロアタイル

なんといっても見た目が最強にかっこいいのがタイル張り。最初に紹介したフロアコーティングのメリット

  • 滑りにくい
  • シミになりにくい
  • フローリングにキズがつきにくい

に加えて、

  • 質感、デザインがいい
  • 冷たいので夏場はタイルで涼むことができる
広報・塩谷

LDKをタイル張りにすると一気に高級感が出る上に、ワンちゃんにもいい素材って素敵ですね。私もいつかはタイル張りにしたいと思っています。

上でメリットとしてあげた「冷たいので夏場はタイルで涼むことができる」逆を言えば冬場は足元が冷えてデメリットにもなりますが、タイルの種類によっては床暖房対応の物もあるみたいなので床暖房を検討されるのもいいかもしれませんね。

広報・塩谷

夏は冷たいタイル、冬はあったかいタイルでワンちゃんも大喜びですね。

まとめ

ざっとご紹介しましたが、各環境によって設置や対応できるものできないもの、それぞれのメリットデメリットがあるのでぜひしっかりと比較検討してみてくださいね。

ABOUT ME
広報・塩谷
日生ハウジング・広報担当の塩谷です。イベント・物件情報をはじめ、社内でのちょっとした出来事など、いろいろなことをブログで発信していくので、よろしくお願いいたします!

「地域に根ざした企業」として、桜井市・橿原市を中心に、これまでに数多くのデザイン注文住宅を手がけてまいりました。

分譲地探しから家づくり全般のことまで、どんなことでも気軽にご相談ください。

≫お問い合わせはコチラから

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です